♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

傷つく環境に『NO!』を言う

『今日から一歩一歩未来を創って行くしかない』


前へ進んでも進んでも
傷ついて傷ついて

でも、表面上は何も起こっていないのですよ。

あきらかに過去の再体験をしているのです。


チャレンジが美徳と思っている私は
何度も何度も再体験すれば
そのうち慣れて平気になるのかも
と思っていたのかも知れません。

でも、この「傷つく」ということに対しては
大きな間違いでした。

傷つく体験を重ねれば
怖さは倍増するし
自信はぺちゃんこになるし。


そこでようやく気がついたのです。

傷つく環境にきちんと『NO!』を言うことに。


幸い、
「これは傷つく」
「これはキライ」
「これは大キライ!」
ということは、かなりはっきりして来ました。

後は、実際の人間関係で
『NO!』を伝えて行くこと。

でも、これ、、、、、
10年以上前から取り組んでいたんだけど
どこで忘れちゃったんだろう・・・

サンドバッグになっちゃう癖があるから
すぐ忘れてしまうのですね・・・(汗)


心の中のことって、
ついつい自分だけでぐちゃぐちゃかき混ぜて
楽しんでしまうけれど(苦笑)
現実の人間関係の『行動』を変えて行かないと
何も変わらないのですよね。


すぐ忘れる・・・

自分を脱ぎ捨てて、ただ心が動くだけ。

カウンセリング(受ける方)記録。

 

「心が動く」ことについて。

 

 

『私は、私の人生で、一体何を言おうとしているのかなぁ』

 

センセの前で口をついて出た言葉。

 

私の答え探しのクセは一向におさまらないけれど、問いの色合いは大きく変わりました。

 

私は命綱のような、自分の中の芯を手に入れたような気がしています。

 

それは「心が動く」ということ。

 

出会い、心が動くこと。

 

それ以外に何か必要なの?私。

 

その問いにたどり着いた時、神経が過敏なことも、セクシュアリティのことも、すべて脱ぎ捨てていたのです。

 

私は、心が動くことを全てとする人間なのです。

 

そして冒頭の問いかけというわけです。

『私は、私の人生で、一体何を言おうとしているのかなぁ』

 

どのようなプロセスを経ようとも、私は私としてしか生きられない。

 

その内容こそが、私が人生で言いたいことかな。

 

 

カウンセリングの時には、意識的に自分自身でいる。

カウンセリングの時には、思う存分自分を優先してあげる。

 

その環境の中で、ひとつずつ『私の意味』を見つけて行くのです。

 

 

 

傷つきやすい心を持つ人々。

最近、些細な出来事でも、

あまりにも深く傷つくので

「これはマズイなぁ」と思っていた。

 

私の心地良さが

また「まわり次第」になっている。

 

人間関係、めんどくさくって

すぐにこっそり誰かに依存してしまう。

 

やがて、

依存したことも忘れてしまう。

 

忘れちゃうから

ありとあらゆるところに依存を重ねる。

 

そうすると、そのうち

「傷つけられる」体験が頻出して来るのだ。

 

「快」は、あなた次第

「不快」は、もちろんあなた次第

って。

 

傷ついたことを激しく誰かのせいにしながら、

私は「NO」を言えていないなと気づく。

 

いたずらに「不快」を与えられることに、

きちんと自分で「NO」を言おう。

自分の意思で「不快」は「快」に変えて行けると肝に銘じよう。

心の中はこんな感じ。

私はなぜこんなに涙が多い人生なのかなぁ。

 

*****

 

さあさあさあさあ。

年末のこの時期、

私にとってのビッグチャンスが訪れましたよ。

 

 

私の頭上で、大掃除が行われている。

 

旧い痛みを

なるべく新しい出会いに影響させないように。

 

浮上して来た痛みなんて、

全体の中のほんの少しかも知れない。

 

でも

見えてきたもの

浮かんできたものは

できるだけ近づき

詳しく感じるようにするんだ。

 

だって、感じれば感じただけ、

私の感情は軽くなれる。

 

 

あきらかに

ビッグチャンス到来。

 

 

どこまでお掃除できるかな。

 

 

さあ。

 

嵐の前ぶれのような、

不穏な空気をまとった感情がやって来て

やがて強風となり一気に私を覆う。

 

この嵐の中に踏み込まないと

涙が湧き出る痛みの正体を

知ることができない。

 

だから、

あきらかに恐ろしくて腰が引けるが、

私はあらがわず、しばらく耐える。

 

答えが・・・

今までの出来事と、

その対処と結果を添えて、

私に理解を与えて行く。

 

数々の思い込みや間違った対処が

流れて

流れて

流れて

 

すると・・・

 

ずんずんずん

ずんっ!

 

ま、まぶしい・・・!

 

その下から、うやうやしく

ようやく私の本当の望みが現れる。

 

 

な、なんてもったいぶった私なんだ(大汗)

 

 

そこでふうっと嵐がおさまる。

 

痛みの泉は消えただろうか。

分からない。

 

でも、あきらかに

「一山越えた」のだ。

 

 

 

 

表面と内面のギャップはいつの日も。

表面的には何もない日。

 

私の内部で嵐が吹き荒れている日。

 

苦しい。

 

夕方馴染んだ友人から連絡が入り、意識が日常に戻され、ホッと一息つく。

 

友人とだらりんとご飯食べたいな。

 

 

お空の先生からのプレゼント。

行き帰り長距離バスに乗って
東京へ行って来た。

すごいすごい。
乗れた乗れた。

東京でも元気に過ごせた。


たぶんものすごい緊張だったんだな。

大阪に帰って来て
お腹がお水になっている(苦笑)

******

人の心の中には
「大好き」
「憧れ」
「ときめき」
が詰まっている。


東京で自由にこの表現をする人たちを目の当たりにし
衝撃を受ける。


私は・・・
それら全てを自分に我慢させていた・・・!

それに気づき、衝撃を受けて動けなかった。


どうして芸大に入学したのか。

表面的な理由はたくさんあった。
でも、そのどの理由も私は納得していなかった。
納得できないなら、理由なんてどうでもいいんじゃない。
そうは思えないのが私のクセだ(笑)


それならば・・・


「大好き」
「憧れ」
「ときめき」
を生き返らせるため


という理由ではどうだね?


と、自分で自分に問いかけて、
そして、再び衝撃で動けなくなる!


意味づけなんか必要ない。
意味づけなんか必要ない。

悪いクセはやめなさいと。


でも、どうしても
このことには意味があって。

今は呼びかけてもお空にいない先生。

その先生のプレゼントではないかという気がしてならない。

そう思えて初めて
もう先生は本当にこの世にはいないのだと
本当に本当に実感した。

ようやく先生不在の喪失感を感じることができる。
それと同時に喪失感を越えられたんだ、たぶん。


誰かに依存するのではなく、
しかし、誰かに激しく影響を受けながら、
私も誰かに影響を及ぼし
そんな人間関係の恐怖にひるむことなく
私は、生きて行く。

(こんな突き詰め方をするから、すぐにお腹がお水に・・・)

箱詰克服!(と言えるかも)東京へ

長距離バス、乗れた!
生きてる!


箱詰の恐怖はあったけれど
さすがそこはオトナ(笑)


よく聞きなさい。
箱と違うよ。
バスだよ。

あなたを押し込めるためじゃないよ。
あなたを目的地に連れて行くための
働く車だよ。

と、ごく当たり前のことを、まるで幼児のように自分に教え諭す。

今回はよく理解できたようです、私(笑)