♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

パートナーが思った「これがGIDなんだ」ということ。

f:id:Aki_Hamada:20140104082131j:plain

摘出したパートナーの子宮と卵巣は
今まで見たことのないほどの
美しいピンクと赤。

心から驚いた。

多分とても健康な
その美しい取り出したものを見ながら

「あぁ、これがGIDなんだ」

と、初めて腑に落ちた感じがした。


麻酔から醒めかけのパートナーは
痛みでうなされていたが
私は同調し過ぎないように
漫画を読んで気を紛らわせた。


間もなく点滴に痛み止めが入り、
パートナーは2〜3分ほどで
静かに眠り出した。

「あぁ、こういうことなんだな」
と思った。


ここまで来て初めて
パートナーがどういう準備をしていたか
理解できた気がした。

⚫︎自分でできること
⚫︎誰かに任せること
⚫︎誰にもどうなるか分からないこと
⚫︎誰にもどうにもできないこと

パートナーの頭の中では
これらがはっきり分けられていたのではないか。

私は
パートナーが
「自分でできること」に
精一杯手を尽くしていたことに気づいた。

それは、パートナーの私に対しても
誠実で安心できる態度であったと気づいて
私はようやくようやく
自分の心がほぐれて来たのを感じた。


私は、あの美しいピンクと赤をいつまでも覚えている。

今時のように写メを撮って
永遠に保存しておきたかったが
パートナーが死ぬほどイヤがると思ったので
泣く泣くあきらめた。

武士の情けじゃ。