♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

2人の間に『「子どもがいない」ということが不自然な感じがした』

ジュエルっ子の
子どもへの接し方は

手前みそですが、

平等で
自然で
夢や希望があって
楽しさ・スウィートさにあふれていて

改めて
心から尊敬しました。


私は
おろおろおたおた。
そのくせ子どもに威圧感を与える。


あ〜あ。
自分に自信がなくなって来る。

私はジュエルっ子のようにできないや。

ジュエルっ子がいないと
本当にダメだな。。。


ジュエルっ子に
「気持ちと一致しない行動は子どもに伝わるからね。
無理矢理子どもに合わせるより
いいんじゃない、それで」
と言われ、少し自分を取り戻す。


この先、不安。
私はしょっちゅう自信をなくしてそうだな。

そこが不安。

やっぱり、ジュエルっ子がいてこそなんだね。

******

先日、ある人から
私たちが里親制度に関わっていることについて
「自分と血の繋がりがなくても
子どもはかわいいものね」
という表現をされて。

もちろん
もちろんそうなんだけど・・・

その表現は少し違和感があって・・・

私とジュエルっ子の間に
ある時から
『「子どもがいない」ということに不自然な感じがした』
というのが、真実の表現かも知れません。

そして、私たちはたまたま
そこに血の繋がりや出産にこだわりがなかった。

私たちが自然な姿に戻るために、
私たちに合うスタイルとして、
里親制度に出会ったような気がしています。


「子どもがかわいい」という感じはなかったな。。。
私は子どもが好きという感覚さえなかったし。

だから、淡々と取り組めるのかも知れません。
(しかし、もう熱くなり気味で、
淡々とではないかも知れませんが・笑)