♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

ジュエルっ子物語についての考察

f:id:Aki_Hamada:20160203223921j:plain
『絵本・ジュエルっ子物語』
犬飼美也妃さんの挿絵の(ごくごく)一部


絵本は実は
「ここぞ!」という箇所を未完成にしていました。

主人公とジュエルっ子の出会いのシーンです。

いきなり出会った2人は
いきなり出会った2人らしからぬ会話をします。
だって、この2人だから・・・

という箇所が、
どんな言葉を入れてもしっくり来なくて
宙ぶらりんのままにしていました。

でも、
新作の挿絵ができあがってきて
印刷の日が近づいてきて
原画展の日まで近づいてきて・・・


どどどどどどどどどどどないすんのん、私???


納得しなければ動かない。
少しでも納得できない箇所があるなら
むしろもう全部やめちゃう。


私の中の性質が、
主人公の性質とリンクして
あるかどうかも分からない答えを探し求めている。

******

主人公は
真っ暗闇に感じている人生の中で
ある日ふと、そばに誰かがいることに気づきます。

びっくり!

ししししししししかも・・・
何だか胸がドキドキして来ちゃいました。

さぁ、皆さんが主人公なら、
いつの間にかそばにいた人物(しかも何だか魅力的・・・かも)に
どんな言葉をかけますか?

******

「ジュエルっ子物語」
絵本原画展&朗読とパフォーマンス

日時:2016年2月9日(火)10:00〜13日(土)16:30 までの4日間。
   ※11日(祝・木)はお休みです
場所:出会いのひろば
    滋賀県草津市草津二丁目5番15号

◎絵本の朗読とパフォーマンスアート
  13日(土)14:00〜
  『ジュエルっ子物語』朗読/濱田アキ
  『私だけのここちよさの考察』パフォーマンス/犬飼美也妃
   お茶とお菓子のアフタートーク付き
 料金:投げ銭

最終日の13日は、14:00から、濱田アキによる「ジュエルッ子物語」の朗読。
犬飼美也妃によるパフォーマンスアートの公演を行います。
その後に少しお茶を飲みながら、アフタートークの場を持ちたいと思います。

◆◆◆
「性別」というものに答えを持たないジュエルっ子との出会いが主人公に思わぬ変化をもたらします。
絵本・ジュエルっ子物語は、トランスジェンダーや同性愛がテーマでしょうか?
いいえ。もう一歩心に踏み込んだ、深くもシンプルな物語なのです。
性別の問題だけにとらわれず、
何か違和感を感じていたり、自分と社会のズレを感じている人、
また、愛を模索している人、
いろんな人に、いろんな形で響く物語になればいいなと思って活動しています。<<<<紹介>>>>

◎お話を書いた人
濱田アキ(はまだあき)
産業カウンセラー
キャリアコンサルティング2級技能士
2008年、カナダ・ブリティッシュコロンビア州同性婚をする
その後パートナーの性別変更を経て、2013年、日本でも婚姻届を提出

◎絵を描いた人
犬飼美也妃(いぬかいみやき)
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
絵画、オブジェ、空間表現、身体表現など
草津市守山市にて障がい者余暇活動支援の場で
造形あそびの講師
守山市あるてぃにて、油絵、水彩の絵画教室主宰
おてらハプン!の m-fat/モファ事務局メンバー

『ジュエルっ子プロジェクト』のページ(Facebook
www.facebook.com/jewelkko