読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。感情とセクシュアリティときらめきでできている毎日。

『ジュエルっ子』はこの日から始まった・・・のかも

About us 私たち夫婦について My daily life 日々の生活 Transgender and Sexual minority 性的マイノリティ

f:id:Aki_Hamada:20160227160328j:plain

親愛なるオット様

お誕生日おめでとうございます。

お付き合いを始めた翌日に
私は自然にあなたのことを
『わたしのジュエルっ子』
と呼んでいました。

私たちが一緒になろうと決めた瞬間
何だかたくさんのいいことが降り注いで来るような感覚になりました。

「いいこと」というのは
私がいつもいつもいつもいつも気にしているような
「正しいこと」
ではありませんでした。

「いいこと」が降り注いで来るプロセスの中には
私の長年の「正しいこと」を「間違い」と気づいて
それを「正す」ということも含まれていました。


「正しいことの間違い」とは

・私は一人で生きている
・私は完璧である。
 しかしここ最近完璧ではなくなって来たので
 そろそろ私の価値は落ちて来ている
・私は一生懸命良い人でいないととっても悪い人である
・私は一人でも生きて行ける
・私は独りでも生きて行ける
・私は独りで生きて行かなくちゃいけない

独りで
独りで
独りで・・・・


親愛なるオット様

私は、自分の正しさが壊れることを何よりも恐れていました。

しかし、あなたと一緒になってからというもの、
あなたは私の正しさを壊し続けました。

私は、私をたやすく壊して行くあなたに
驚き、怒り、脅威を感じました。

私の心は砕かれ、千々に乱れました。


砕かれ、、、砕かれ、、、
乱れ、、、乱れ、、、


その後のことです。

砕かれ乱れたかと思えた私の人生の
愉快であたたかく美しいことと言ったら。

これこそ、本当の本当に「正しい」ことなのかも知れません。


親愛なるオット様

あなたは
独りの思い込みの中にどっぷり浸っていた私を
ちょちょいとたやすく救い出した
『ジュエルっ子』なのですから、
この先の人生、
本当に心から望むことなら
ちょちょいのちょいでしょう?

これからもどうぞありのままで
元気にお過ごしくださいね。


2016年2月27日
妻より