読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。感情とセクシュアリティときらめきでできている毎日。

そのオトコのようなもの

ひさしぶりにオットにふれられて

あ、オトコ...

と実感すると
抵抗感があって
やはり身体がこわばった。

でも、
じゃあ、
オットにふれられるのはイヤなのかな。


いいえ
イヤじゃない。


嬉しい。


もっとふれて。


オトコへの抵抗感

イコール

オットへの抵抗感

にはならない。


私は、
自分の中に生まれた
この結論に勇気づけられて
オットを愛してもいい許可を得た。

******

オットは数年前から
一切「愛している」とか
「好き」とか言わなくなったので、
私は心の拠り所をなくして

自信がなくなって...

自信がなくなると
不思議なもので、
自分を責める気持ちが
オットを責める気持ちに変換される。

巧妙に。


「あなたはどうして・・・!」
「どうせ・・・なんでしょ!」


オットを求めたくても
私にはコミュニケーションスキルが
なかった。

伝えたい気持ちは封印することにした。


それからの日常で
な〜んにも言わないオットだったけれど
「この人は私と別れる気がないんだ」
と実感することが何度もあった。

そのことが
荒れる私の大きな安心感になった。

荒れながら
気持ちの整理をしながら
安心感を積み上げながら
私の気持ちは軟化して行った。


ある日、
自信のないコミュニケーションスキルが
私に叱咤激励して来た!


何を難しいことを考えてるんだー!

「わたし、したい。あなたと」

でいいんだよ。

シンプルに。


*****

取材・執筆・講演等のご依頼は
contact.cocorotte☆gmail.com
(☆を@に変換)
より承っております。

*****