読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。感情とセクシュアリティときらめきでできている毎日。

マリッジブルー打破。

About us 私たち夫婦について Transgender and Sexual minority 性的マイノリティ

f:id:Aki_Hamada:20160405005140j:plain

兄に結婚祝いをもらったので
(入籍から2年半経っているが)
久しぶりに入籍前後のことを思い出していた。


そう。
さかのぼること2年半。

2013年6月。

入籍して名字が変わることを
仕事関係者にも伝え終え、
後は自分たちが決めた入籍日を待つばかりとなった。


すると、不思議なことが起きた。


その日が近づくにつれ、
何だかどんどんどんどん気分が沈んで行くのだった。


何が変わったわけでもない。

何が起きたわけでもない。

私の気分だけが落ち込んで行くのだ。


バンクーバーで結婚して5年も経っているのに・・・
今さら?


ひょっとして・・・・・
こここここここれが
まままままま・・・

まりっじぶるー

というヤツですか?


今ここで入籍が取りやめになったら?

オットが
「入籍やっぱや~めた」
って言ったら?

名字変わるって言ったのに。
名字変わるって、もう言ったのに。


何だか怖くて怖くて仕方なくて、
オットの様子をうかがったり
オットの顔をのぞき込んだり・・・


そんな時、
オットが小さな包みのプレゼントをくれた。


はて?
結婚指輪はすでにあるし。
何だろう?


包みを開けてみると・・・

「濱田」と彫られた印鑑だった。


「今からいろいろ手続きせなあかんやろ」
と。


あぁ、この人は
本当に婚姻届を提出するつもりなんだな。


と、一気に安心したのを覚えている。