♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。cocorotte(こころって)濱田アキのブログです。

JERRYBEANSコンサート(「ひきこもりがちな若者の居場所フリータイム」応援)

JERRYBEANS
フリータイム応援!チャリティーコンサート
2016年9月25日(日)
於・草津アミカホール


不登校時の体験だけではなく
その体験を持っていることの今の自分への影響
その体験を語ることの困難さ
体験を語ることにどれほどの葛藤があるのか
語ると自分はどんな状態になるのか
語ると周りへどのような影響があるのか

丁寧な自己開示に、私の心が震える。

繊細な感情表現が
観客の心を少しずつ開き
その小さな波が徐々に拡がって行く。

観客は
不登校を超えて
その他の様々な体験をも超えて
他人事の殻から出て
優しさの渦に集まり
その渦は少しずつ少しずつ大きく
自然と一体となって行く。

f:id:Aki_Hamada:20160927072619j:plain
私は、今回初めて
JERRYBEANSの生コンサートを聴きました。

そして、『講演ライブ』の構成の素晴らしさに驚きました。

不登校」や「ひきこもり」を扱っているようでいて
でも、JERRYBEANSメンバーから提供される
たくさんの感情の情報が、
様々な環境にいるであろう観客の心に共感を拡げて行くのです。

どんなことも他人事ではないよ。
決してこれは他人事ではないよ。
とメッセージを送られているように感じました。

私も不登校経験があるので、もちろん
『あの頃の私』
の心にも強く反応しました。
同時に
『母としての私』
『支援者としての私』
『友だちとしての私』
など、様々な立場にいる私にも反応しました。

涙が止まりませんでした。

私の中の、自分を責めているありとあらゆる部分が
赦されて洗われる気持ちになりました。

人って(私って)、
自分を責めて責めて責めて責めて
そして、心を殻でぐるぐる巻きにして
できるだけ何も感じないようにして
日々をやり過ごしているのでしょうね。


この社会に世界一必要な活動

と感じました。

******

滋賀県草津市で今年7月からスタートした
「ひきこもりがちな若者の居場所 フリータイム」

フリータイムの資金を集めるために、
メンバー全員が不登校経験者という『JERRYBEANS』が
コンサートを行いました。

JERRYBEANSは、
滋賀県を中心に『講演ライブ』という形で
心と音楽の活動をしている大人気バンドです。


『ジュエルっ子プロジェクト』で何度も通った草津市

『フリータイム』は
『ジュエルっ子プロジェクト』も応援してくださっています。

もちろん『ジュエルっ子プロジェクト』だって
精一杯応援させていただきます!

f:id:Aki_Hamada:20160926211610j:plain
2か月ぶりの草津
懐かしい。嬉しい。
f:id:Aki_Hamada:20160926211551j:plain

草津駅を出て、情緒ある街道沿いを歩き、
草津市役所へ向かいます。

市役所隣の『アミカホール』がコンサート会場です。

f:id:Aki_Hamada:20160926211519j:plain
心身障害児者の余暇活動の場『出会いのひろば』
利用者と職員の皆さんで作った
『ビワッシー』がお出迎えです。

正式名
『街道のモンスター 激レアアイテム ビワッシーGO!』
(旬を取り入れたネーミングの素晴らしいこと!)
今年の草津納涼祭り「つくりものコンクール」佳作受賞作です!

f:id:Aki_Hamada:20160926211531j:plain
いつもFacebookから見ていた本物ビワッシー。
ああ、ビワッシー、かわいい。
多様性の楽園を創る幸せのモンスター。
あぁ、何てかわいい。


ああ、それにしても。
JERRYBEANS大好き。
(この写真を撮った時は、
 これほどJERRYBEANS大好きになるなんて想像していなかった!)

f:id:Aki_Hamada:20160926211646j:plain
観客全員にプレゼントされた
この日のコンサートのオリジナルカード。

f:id:Aki_Hamada:20160926211656j:plain
白状いたします!
私はめちゃくちゃミーハーです!
サインゲットしました!

山崎史朗さんの甘い歌声(メロメロ)。
気迫が心にドシンと届いて来るトーク。
繊細で抱きしめたくなる(やめれ)山崎雄介さん【ドラム】。
なぜそんなに面白いんですか!八田典之さん!【ベース】。

またお会いできますように。


フリータイムに関わられる皆さま。
チャリティーコンサートの大成功、おめでとうございます!
素敵なコンサートをありがとうございました。