読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。感情とセクシュアリティときらめきでできている毎日。

感情的なあなたへ。

皆さん、こんにちは。


私が一歩踏み出すことを躊躇する理由は
とても単純で。

心が傷つく体験をしたくないから。

傷つくことが怖いから。


不思議と。

現状で留まるならば、傷つきはせず。

前に少しでも進むとなると
途端に感情が騒ぎ出すわけです。


言ってみれば
私は「感情」が仕事道具ですから
始終「感情」が私を覆い尽くしています。


いつでも
どこでも
簡単に傷つくアキ
☆絶賛発売中☆


とは言え、
こんなに

感情
感情
そして、感情

となっていると

「私、バカなのかな・・・」
と思えて来ます。

感情的な感情バカ・・・

こんな感情的な私なぞ
本当に何の役にも立たないし
不必要な存在なんだろうなぁ
と、ぼんやりと思えて来ちゃう。


ぼんやり
ぼんやり
ぼんやり・・・


ぼんやりはやがて
あたかもそれが真実の世界のように
私を「ぼんやり雲」で覆い始める。

ぼんやり雲は
ぼんやりしているクセに
やけにはっきりと私に語りかける。

「消えちゃえば。
 ぼんやりしているあなたなんて」


OH!
危ない!
危険!

危険が危ない!

気をつけて!

踏みとどまるんだ。
ぼんやりアキ!

ほら目をこらして。

ぼんやりこそまぼろし。


まぼろしのぼんやりを
手でふり払うと

「ぼんやり雲」で覆われている
無数の仲間たちが見えて来る。


みんなみんな
誰もが

傷つきたくなんてないし
傷つくことを恐れている。


そんなことなど
わかり過ぎるほどわかってる!

「ぼんやり雲」を尊重したいと思うが
そうはできない強い理由がある。

そこが、
目には見えにくい私だけの仕事だ。