♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

心がエラーを起こしきる前に自分の状態に気づく(11/25ラジオ放送内容のおさらい)

11/18・11/25と、2週に渡り大変お世話になりました!
パーソナリティー小林千夏さま
本当にありがとうございました!

******

毎週金曜日 12:00〜12:30
世界中へ発信 『小林千夏のThe Sun‼』
スマートフォン、PC インターネット環境
世界からお聴き頂けます。
↓↓こちらへアクセス!
☆ fm GIG ♪ 京都発NPOの インターネットラジオ 放送局

******

<昨日の放送内容のおさらい>

◆私は役に立たないカウンセラーと思った経緯
(1)カウンセリング中の出来事。クライエントが自分の心の状態を話す表現にうっとりしてしまう
(2)クライエントが解決したいことを「問題」と思えない
(3)だいたいにおいて(生活に支障がなければ、ですが)問題解決の必要性を感じない
(4)私は、ただただ「感情表現」したり、その表現を分かち合うことが好き
(5)「問題解決をするため」という目的では、自分は『役立たず』だなと思う

◆性的マイノリティが求めている人間関係(濱田を例にして)
(1)アドバイスされるとがっかりしてしまう(優しさからだとしても)
(2)私の感じ方を楽しんだり面白がったりしてくれると嬉しい
(3)私に興味を持ってくれると「ここにいていいんだ」と思える
(4)(推測)アーティストと呼ばれる人は、人をまるで「アート作品」のように眺める。そこには「鑑賞」のみ存在し、判断・否定・決めつけがない。だから「問題視」や「アドバイス」が出ない
(5)(4)の体験から、様々なマイノリティ性を持つ方々の心の支援に希望を感じた

◆本当の意味での「心の支援」って何だろう
☆心がエラーを起こしきる前に、自分の心の状態に気づき、今日の命を何とか明日につなげて行くスキルを体得して行くこと(便宜上「心のスキル」と呼びます)
☆生きて明日を迎えれば、新たな出会いや知恵が手に入るかも知れない(入らなければまた明日に希望をつなぐ)
☆そのプロセスを経て、生きづらさを抱える自分と少しずつ共存して行く

******

ラジオの中でお話した、FAAVO滋賀で87名の方からご支援いただき30部のみ出版した『絵本・ジュエルっ子物語』ができあがりました。
f:id:Aki_Hamada:20161026200742j:plain

******

誰もが持っている『心』だからこそ
誰も決して他人事ではない
心のエラーを起こしきる前に心をケアできる社会にしたい!
『ジュエルっ子プロジェクト』
本格始動です!
ジュエルっ子プロジェクト - 濱田アキ~cocorotte~


命が終わると、その人の『表現』も終わってしまう。
『表現』が生き続ける社会でありますように。
「死ぬしかない」と感じる人が、明日へ命をつなげられますように。