読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。感情とセクシュアリティときらめきでできている毎日。

『先生』と『スイーツ』が結びつくワケ

About me 濱田アキについて A heart is brought up 心を育む

小学一年生の頃の私のお話です。

 

 

アキ

せ・ん・せ・い♡」

 

先生

「あら、どうしたの?

まだ帰ってなかったの?

早く帰るんですよ」

 

アキ 

「はぁい。

せんせい、

さようなら」

 

先生

「はい、さようなら。

気をつけてね」

 

(ガラガラ、ピシャッ(アキ、戸を閉める))

 

1分後

 

(ガラガラ(アキ、戸を開ける))

 

アキ、顔を見せる

 

先生

「あら?どうしたの?

帰ってなかったの?」

 

アキ

「うん」

 

先生

「早く帰るんですよ」

 

アキ

「はぁい。

せんせい、

さようなら」

 

先生
「はい、さようなら。
気をつけて帰るんですよ」

(ガラガラ、ピシャッ(アキ、戸を閉める))

 

1分後

 

(ガラガラ(アキ、また戸を開ける))

 

アキ、また顔を見せる

 

アキ

せ・ん・せ・い♡」

 

先生

「あら?

先生びっくりしたわ。

もう帰ったと思ってたわ」

 

アキ

「えへへ」

 

先生

「どうしたの?

何かあったの?」

 

アキ

「ううん♡」

 

先生

「遅くなるから

もう帰るんですよ」

 

アキ

「はぁい。

せんせい、

さようなら」

 

先生

「はい、さようなら

気をつけてね」

 

(ガラガラ、ピシャッ(アキ、戸を閉める))

 

1分後

 

(ガラガラ(アキ、やはりまた戸を開ける))

 

アキ、またまた顔を見せる

 

アキ

「えへ。

せ・ん・せ・い♡」

 

先生

「もうっ(笑)

あなたって子は(笑)(笑)

先生お仕事中だけど

こっちに来て先生見ててもいいよ」

 

アキ

「!!!♡♡」

 

先生

「少し見たら早く帰るんですよ」

 

アキ

「はぁい♡」

 

 

甘く優しい記憶。