♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。目に見えない「心」を形にする試み

「うん、生きていていい」と心から思えるためには

人は、この社会で、本当に生きていていい存在なのでしょうか

答えは『Yes』(当たり前ですよね)

でも、私はずっと疑問に思っていました。

◎この当たり前のことを自分のこととしては実感しにくいこと
◎また、当たり前のことと逆行せざるを得ないような気持ちになること

要は、自分のことについては
・生きていていい存在と心の底からは思えないし、
・時々生きていたくないと思っちゃうし・・・
ということなのですよね・・・

これって、私だけのことでしょうか。

一見元気に生きている人たちの心の中にも、
普通に潜んでいるものではないでしょうか。

心の奥に潜んでいる疑問を意識しつつ、
自分=当たり前に社会で生きる
ために必要なこと、個人レベルでできることについて、考えてみたいと思います。


《「本当に生きる」ために個人でできること》

1)自分の人生への「問い」を変える

どうして生き辛いのだろう。
どうしてこんな風に思っちゃうのだろう。
そう言えば今までの問いは、
何とか社会に合わせて生きて行くためのものだったのかも知れません。

では、どうであれば私は気持ち良く生きていけるのだろう。
自分にとっての「気持ち良さ」とは何だろう。

意外と頭が真っ白になってしまう問いかも知れません。

2)自分の弱点から発想を出発させる

「気持ち良さ」の自覚ができればしめたもの。
では、視点を変えて・・・
自分の「弱点」とはどういうところだろう。
その中でも最も生きづらさを感じる弱点ってどんなことだろう。

そして想像してみます。
本来の社会の姿が「こんな弱点を持つ自分でも『気持ち良く生きられる』」のだと仮定すれば・・・
社会がどうであれば生きて行けるでしょうか。

3)こだわり作品のように創りあげる人生

心の奥では、実は、まるでサバイバルのような気持ち・・・
そんな日々はすぐに変えることは難しいかも知れません。
でも、オフタイムにこそこそと(笑)
「気持ち良さ」からの人生を創って行きたいですね。

骨が折れる
時間がかかる
イライラする

そんな作業になるでしょう。

でも、毎日少しずつ新しく生み出される自分の作品(人生)に
達成感や満足感を感じながら、新しい明日を創り続けたいですね。


《わたしが「うん、生きていていい」と心から思えるためには》

自分の人生を
自分のために
自分が生きやすいように考え
自分で創りあげ
その人生を実際に生きる

******

お申込み受付中!
自分らしい明日を 今日創ってみる ワークショップ
5/28(日)大阪市扇町で開催!
workshop - 濱田アキ~cocorotte~

f:id:Aki_Hamada:20170417052034j:plain