♪ cocorotte な毎日 ♪

「こころってなぁに?」と問いかける毎日。cocorotte(こころって)濱田アキのブログです。

「完璧主義」さんは、理想の亡霊にとりつかれるクセがある。

表面から見えることと、内面に起きていること。
大きなギャップがありませんか?

いえ、それどころか。

私はどちらかと言うと、
内面ばかり見つめてしまっていて、
表面のことをすっかり忘れていることの方が多いかも知れません。

ここ最近は特にそんな状況でした。

その理由は、
同時進行でこなさなくてはいけないことが複数ラインあり
何かと気忙しいからでした。

表面上は、穏やかで充実した時間が淡々と流れていました。

でも、心の中ではうまくできない歯がゆさでいっぱいでした。

でも、うまくできないと言っても、何が失敗したということもありません。
仕事で小さな失敗を重ねてはいますが、想定内のことです。


優しく流れる時間の中で、
実は私は、世間には内緒の失敗者。

できればこの失敗感、あまり感じないようにしたいなと思いました。
だって何となく、無理矢理失敗感の中に身を置いているような、
そんな感覚でしたから。


さて、そんな日々を過ごしていた私ですが、
先日、日常がキラキラ輝いている人に会う機会があり、
思い切って聞いてみました。

「忙しい毎日、重なる案件をどのようにこなしているのでしょう?」

答えは・・・

こなせてなんかいない。
うまくできてなんかいない。
バランスなんか取れていない。


あぁ・・・!と。

私の失敗感の正体は・・・

全てを!
完璧に!
上手に!
バランスを取って!

が、できていないからだったのだと。

「完璧主義」は私のクセなのです。
何度も何度もこれをやって
でも、毎回すぐに忘れてしまうのです。

「完璧主義」は、自分の理想の亡霊のようなものですから
実体なんてありません。
実体がないものを見つめて、これまた不快感の亡霊を身にまとっているような。


今回も、ありもしない「完璧」を闇雲に目指していた自分をなだめて
本当の目的をもう一度見つめ直すように自分に促しました。


自分のもののようでいて、
自分の思うようにならない
私の心ってば。


******

cocorotte(こころって)の心と感性が喜ぶワークショップ開催決定!

「自分らしい明日」を今日創ってみるワークショップ

8/20(日)大阪市天満橋
お申込み・お問い合せ受付中!